仏式のやり方

墓地や納骨堂、霊園はすべて宗教などによって
扱いも違うと思うのですが
日本の葬儀の9割は仏式ということです。

しかし同じ仏式でも流派のようなものがたくさんありますね。
それによって進行の方法やしきたりもちがうようです。

また、残り1割はキリスト教などらしいですが
最近は宗教にしばられず自分たちらしい葬儀をしたいという考えから
無宗教葬を選ぶ人も多くなっているようです。

通夜は夕方からはじまり1,2時間程度で終わる半通夜が一般的なようです。

仏式の通夜は、僧侶さんの読経、遺族や親族の焼香、
一般参加者の焼香で進んでいますね。
(ほとんどの方は経験したことがあるのではないでしょうか。)

葬儀は遺族や親戚や親しい方たちなどが
なくなった方の成仏を祈る儀式で
告別式は最後の別れを伝える儀式です。

最近の時代ではつづけて行われることが多いようで
一般の参加者も葬儀から参列するのが通例のようです。

告別式が終わったあとは
喪主があいさつをして出棺になりますね。
出棺のときはコート類は脱ぎ合掌して見送ってあげましょう。

焼香の種類ですが通夜、葬儀、告別式では
参加者の心身を清めて、亡くなった方の冥福を祈るために焼香が行われ

立って焼香をする立礼焼香、
座って焼香をする座礼商工、
そして盆にのった香炉と抹香を参列者の間に回す
回し焼香があるようです。

焼香で使う香は粉末状にした抹香と線香があり
多くの場合は抹香があり自分もその記憶が強いですね。
これらは地域や宗派によっても違うようです。

宗派によって焼香の回数も違うようで
参考例ですが

浄土宗は特に決まっていないようですが
1~3回が多いようです。

浄土真宗は1回か2回
真言宗は3回
日蓮宗は1回か3回
曹洞宗は2回で
1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない

といった回数が多いようです。