キリスト教のやり方

墓地、納骨堂、霊園などでは
様々な宗教の様々なマナーがありますね。

キリスト教は外国から来たものですが
海外と違いキリスト教の通夜は日本独自に発展しているようです。

キリスト教にはもともと通夜はないらしく
通夜や葬儀の流れは宗教の違いや教会によって異なるようです。

カトリックでは通夜を通夜の祈り
プロテスタントでは前夜式と呼ばれ
教会や自宅などで行われるようです。

式では、聖歌または賛美歌の斉唱、

神父もしくは牧師による聖書の朗読や説
教、祈祷、
仏式の焼香にあたる献花な
どが行われ、
式を終えると、故人
を偲んで簡単な会食や茶話会をするの
が一般的のようですね。

私が見たときは
仏式の通夜、ぶるまいと
は異なり、お酒は出ませんでした。

キリスト教における葬儀等の儀式は教会にてとりおこなわれるのがメインとなっています。ただし場合によっては
自宅や斎場を利用することもあるようです。
カトリックの葬儀では故人の罪を
神にわびて許しを請い、
永遠の命を得
られるように祈ります。

聖書朗読や神
父の説教を行う「言葉の典礼」、
パン
やぶどう酒を祭壇に奉納する「感謝の
典礼」
からなるミサが中心となるようで、

一方プロテスタントでは
葬儀は神
に感謝し、遺族を慰めるために行われ、

故人ではなく神に捧げる祈りが中心と
なるようです。
聖書の朗読、賛美歌斉唱、
牧師の説教などが行われるようですが

どちら
も、告別式では献花を行うようですね。

カトリックとプロテスタントの違いについては
カトリックとプロテスタントではそもそも教義のちがいから
通夜、葬儀の内容、流れなど異なりますね。

カトリックでは聖職者を神父
礼拝で歌う歌を聖歌と呼び、
プロテスタントでは牧師、賛美歌と呼びます。

なおキリスト教の形式で参列するとなった場合、注意したいことのひとつのは香典の表書きでしょう。
御花料はどちらにも使えますが
卸ミサ料はカトリックでしか使えないようです。