火葬祭について

葬儀が終わったあとの火葬場で収骨を行い
その後は公園墓地、墓地、納骨堂、霊園と
それぞれの流れになりますが今回はその収骨についてまとめていきたいと思います。

神式の埋葬は、本来は土葬で行うものですが、
現在はほとんど火葬で行われていますよね。

炉前で行う最後の別れの儀式は、「火葬祭」と呼ばれているようです。
火葬場に着いたら、棺を炉前に安置して祭壇に霊璽、榊や遺影などを飾ります。
斎主の祭詞奏上のあと、喪主から順に一同が玉串を捧げて拝礼します。
そして炉に棺を納めて一同は退席、控え室で待機します。

その後の収骨の手順は仏式と同じようです。
神式では、火葬が終わるとそのまま墓所に納骨するのがしきたりだったようですが、
最近は遺骨を一度自宅ヘ戻してから埋葬することも多くなったとのことです。

火葬場から帰ってきた人たちは、帰家しゅつばつの儀というものを行っているようです。
用意された手水と塩で身を清め、お祓いを受けてから家の中に入るようです。

遺骨を「仮霊舎」に安置したら、葬儀終了を奉告する「帰家祭」があるようです。
斎主が、葬儀終了を奉告する祭詞を奏上し、斎主以下、一同が玉串奉葉し、
斎主王拝礼ののちに一同拝礼して帰家祭の儀式は終わりとのこと。
すべての儀式が終了したら、直会を設けて世話役、手伝いの方々をねぎらいましょう。

小さい頃祖父母が亡くなったときにいろいろ段取りがあると思っていましたが
こうして見てみると難しい名前が多いですね。