神式のやり方

葬儀、墓地、納骨堂、霊園などの段階の前の
神式での葬儀の仕方はどうなるのでしょうか

神式の独特の葬儀の仕方があるようです。
神式は仏式の通夜である通夜祭にくわえて、
葬儀にあたる葬場祭がとりおこなわれるようです。

神式では死んでしまうことをけがれとしているようで、
通夜祭や葬儀場は神社ではなく自宅など他の場所で
行われるようです。

通夜祭で、参列者は事前に「手水の儀」を行い
身を清めているようで神職さんによる
祭詞奏上、仏式の焼香にあたる、玉串奉奠、などの儀式があり
玉串奉奠は神職、喪主、遺族、親族、参列者の順に
とりおこなわれるようです。

その次に、故人の霊を、仏式でいうところの位牌に移し
遷霊祭がおこなれるようです。
この儀式によって、故人の霊は一家の守護神になるといわれているようです。
通夜祭の後は、仏式の通夜ぶるまいに相当する
直会の席が設けられます。

葬儀(葬場祭)から
納骨堂、霊園などの火葬祭、直会へなるようで、
葬場祭は、死のけがれを清め、死者を神として祀る儀式のようですが
通夜祭と同様に手水の儀からはじまり、
修祓の儀などとの名称でよばれているお祓いなどがあります。
葬場祭後は出棺祭、火葬祭、帰家祭、仏式の精進おとしにあたる直会が
とりおこなわれるようです。

神式では仏式で用いる数珠は使わないようですね。
お悔やみを伝えるときもたとえばご冥福、成仏、供養などの仏教用語は使わない
ほうがいいでしょうね。

神式でおおよそ儀式の前に行われるそうな手水の儀のやり方は
自宅や式場に用意された手桶からひしゃくで水を汲んで
左手、右手の順に水をかけるようです。

そして左手で水を受けてから口をすすいで
もう一度左手に水をかけるのですが
口元や手は用意されている懐紙でふいておきましょう。