葬儀ミサ

公園墓地、墓地、納骨堂、霊園の前に行う葬儀は
キリスト教の場合、葬儀ミサと呼ばれますが
今回はその葬儀ミサについてまとめていきたいと思います。

キリスト教式の葬儀は、教会が主催となるので、
遺族はすべての進行を教会の指示に任せる形になるでしょう。

葬儀と告別式は、死者の平安を祈り、遺族を慰めて死の中に希望を見出す儀式で、
基本的に信仰の中に、平安や慰めが見出されると考えられています。

弔辞は、遺族や参列者に対して語りかける形になることが多いでしょうから
(教会により異なるでしょう)、
キリスト教式の葬儀に慣れていない方に弔辞をお願いするときは、説明しておきましょう。

また、信者ではない参列者がいるときは、内容を記載したプログラムや
パンフレットを配布するとよいのではないでしょうか。

カトリックの葬儀は、「葬儀ミサ」といい、
ミサと告別式がはっきり分かれているのが特徴のようです。

中心となるのは「感謝の典礼」というものらしく、
死者が安息を得られるように祈りを捧げる儀式とのことです。

最後に行う献花は一般的には白い菊やカーネーションなどが使われますが、
他の花でもかまわないようです。

プロテスタントでは、基本的には死を神の祝福ととらえるので、
神への礼拝が中心となるようです。

また、平等という考えから、供花の贈り主の名前も外されるなど、
日本的な習慣とちがう点がいくつかありそうですね。
疑問点は、葬儀前に確認して解決しておきましょう。

キリスト教式葬儀の注意点についてですが
カトリックは
神父が棺の周りを献香して回る儀式があり、
祭壇にはそのスペースが必要になるでしょうから、
神父と葬儀社を交えて事前によく打ち合わせをしたほうがよさそうです。

プロテスタントの場合は
棺を台の上など高いところには置かないことになっているようです。
花で飾るときは、聖餐台や十字架が隠れないように気を配ったほうがいいですね。
神の前では皆平等なので、遺品や勲章なども飾らないという姿勢のようです。