葬場祭

公園墓地、墓地、納骨堂、霊園の前の最後のお別れとして
仏式では葬儀がありますが
今回は神式の葬場祭と告別式について
私が思うまとめを書いていきたいと思います。

神式の「葬場祭」は、仏式の葬儀にあたる、
故人に最後の別れを告げる儀式のようです。

まず「修械の儀」を行い、斎主が参列者一同を誠い清め、
次に、神前に食物を供える「献削除」を行い、斎主が「葬場祭詞」を奏上し、
伶人(演奏者)が「諒歌」を奉奏。

これらの儀式が終わると、弔辞拝受と弔電奉読をはさみ、斎、王から喪主、
近親者、一般参列者の順で玉串奉襲と拝礼が行われます。
斎員が祭壇から供物を下げ、斎主、斎員、伶人が退出して終了となるようです。

葬場祭と告別式を分けて行うときは、参列者の玉串奉葉の前に一日一休憩を入れ、
遺族側は一般参列者のほうを向いて座り直します。

通夜祭を自宅で行い、葬場祭を斎場など別の場所で行う場合は、葬場祭に
先立って、「発枢祭」が行われるようです。
これは、故人の遺体を自宅(積室)から斎場へ移すことを霊前に奉告する儀式のようです。

さらに、遺族が枢を霊枢車に乗せて自宅から斎場に向かったら、
家に残った斎員が発枢後に家中を誠い清めるため、修一臓の儀を行うようです。

普段聞かない神式の用語をあえて書いておくと
玉串というのは
榊などの常緑の枝に、紙を切って作った紙で垂をつけたもので

祭詞・諜歌は
祭詞は神式の儀式で奉読される文章で、故人の略歴や功績などを述べ、
今後の加護を奉り、諒歌は故人への追悼や人徳を偲ぶ内容の歌で、
弔辞のような意味があるらしいです。