通夜祭

通夜祭は神式の通夜ですが
今回は納骨堂、霊園の前の通夜祭をまとめていきましょう。

神式の通夜は聖域である神社では行うことができないらしく
自宅か斎場で行うようです。
まずは亡くなった後に神社に「帰幽奉告」を行い、
「枕直しの儀」「納棺の儀」「通夜祭」の順で行います。
通夜祭は、遺体のある場所で生前同様の礼を尽くして手厚く奉仕することです。

また、同日につづけて行う「選霊祭」は、別名「御霊移し」「御霊選」ともいい、
死者の御霊を遺体からよりしろである「霊璽」に移す儀式のようです。

霊璽は仏教の位牌にあたるものらしく、
霊が移った霊璽を祭壇に安置してある「仮霊舎」に納めます。
霊祭が終わると、故人は家の祖神となるとされているそうです。

通夜祭と選霊祭は、本来は夜間に行われる儀式ですが、
現在は夕方から行われるようになっているとのことです。

神道では、祭杷で中心となって奉仕する神職を斎主、
それ以外の神職を斎員というそうです。

斎主たちが到着したら、喪主が出迎え、控室に案内します。
通夜祭では、故人の経歴や功績を讃え、
霊魂を鎮める言葉である「祭詞」を斎主が奏上します。
普段からつき合いのない斎主の場合、
事前に遺族が故人の人柄や功績などを話しておくといいかもしれませんね。

帰幽奉告から始まるので
それについても書いておこうかと思います。

帰幽奉告は、地元の神社か
縁のある神社で行うようです。

式には喪主の代理人を派遣し
て行う、ですね。

神道では、人が亡くなる

神棚と先祖を杷ってある

御霊舎にも帰幽(死亡)し
たことを奉告するそうです。

神棚
の前面に半紙を貼り、
けが
れが及ばないよう神棚封じ
をするのですね。

葬儀失効のための依頼は
斎主、斎員、伶人(演奏者)
を依頼し、
供物、玉串などの
数量などを協議しましょう。

供物
は各種の食物を用意するの
で、よく注意しましょう。