前夜式の方法

火葬などが終われば霊園、納骨堂などの運びになりますが
そのまえの通夜には様々な呼び方があり

カトリックでは通夜の集い
プロテスタントでは前夜式というそうですが、

今回は仏や神式ではなく海外の宗教の場合の
通夜の仕方について書いていきます。

通夜は教会か自宅となり、葬儀社への依頼は必須なようです。
キリスト教における通夜の集いと前夜式は、
おもに自宅か教会で行われるようです。

まず、故人が生前所属していた教会に連絡し、通夜の依頼を行い、
故人が生前からの信者ではないものの、キリスト教式の葬儀を希望していた場合は、
最寄りの教会に相談してみるのがいいですね。

キリスト教式の祭壇の飾りつけ、式場の設営などは葬儀社に依頼することになるでしょう。
キリスト教式の葬儀に精通した葬儀社もあるようなので、
よく調べてみるのがいいでしょうね。

キリスト教では聖職者の果たす役割が大きいようで、世話役は、同じ教会に
属する信徒仲間にお願いすることが通例のようです。

キリスト教式の注意点としては
参列者の中には、キリスト教になじみのない人もいるでしょうから
式次第、聖歌や賛美歌の歌詞、祈りの言葉などを印刷したプログラムや会葬礼状を、
教会側か葬儀社が用意するのではないでしょうか。

最後に遺族代表のあいさつが済むと、別室で参列者をもてなすことがあるようです。
ただし、宴席ではないため酒食はださないでしょう。

軽食や菓子などをふるまう茶話会のようなものになります。
お茶を飲みながら、参列者と故人を偲んで語らうといいのではないでしょうか。

カトリックとプロテスタントの違いですが

カトリックは、ローマ教皇を中心とし、全世界に10億人以上の信徒を有する
キリスト教の最大教派です。
(自分は昔キリストとカトリックは完全に別物と思っていました(笑)

カトリックにおける葬儀は、これまでの罪をわびて許しを請い、
神の御許で安患が得られるよう祈る儀式となるそうです。

遺族は故人を偲び、神が故人を受け入れて慰めを与えてくれるよう祈るのですね。

プロテスタントは、ローマカトリック教会から分裂したキリス卜教の各教派と
その信徒の総称です。

カトリックのように統一された規定がないため、
各教会で考え方や葬儀の仕方にちがいがあるそうです。

死後は天に召されて神に仕える者になると考えられているそうで、
葬儀は故人の冥福を祈る儀式ではなく、神に祈りを捧げる儀式となるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です