最後の祈り、追悼など

葬儀が終わったあとの火葬などの式のやり方は宗教によって違いますか
その後は公園墓地、墓地、納骨堂、霊園となりますが
今回はそのキリスト教式のその後についてまとめていきたいと思います。

キリスト教式火葬には儀式の決まりはないそうです。
元来、キリスト教の葬儀は土葬を前提に行われるものであったらしく、
カトリックもプロテスタントも火葬のための儀式や遺骨を迎える儀式、
後飾りの形式はないようです。

しかし、近年はキリスト教信者の多いヨーロッパでも火葬率が急増しているとのことです。明治以来、火葬が推進されてきた日本では、
キリスト教式でも火葬するのが一般的らしく、
仏式などの慣習に従って炉前での
儀式を行うことが通例となっているとのことです。

火葬の前に故人のために最後のお別れの儀式を行う場合は、
神父(カトリツク)か牧師(プロテスタント)にお務めを依頼することができるようです。

キリスト教式の祭壇を用意している火葬場もありますが、
炉前では火葬の直前に聖書を朗読し、献花と聖歌や賛美歌の斉唱を行います。

土葬であれば告別式の後ですぐに埋葬すると思いますが、
火葬の場合は遺骨をいったん家に安置してから
日をあらためて納骨するということです。

法要の習慣もないようですが、日本の法要にあたるものとして、
7日後あたりに追悼ミサ(カトリック)、50日後などに召天記念会(プロテスタント)
を行う遺族が多いようです。

キリスト教では、死は終わりではなく神の御許に
召される入り口であると考えられているそうです。

遺族にとっては、
故人に与えられた生涯を神に感謝するとともに、
全知全能にして聖なる愛である神に故人を委ねる機会であるとも
いえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です