故人の意志を尊重する

近年、新しい葬儀スタイルが増えてきていると言えるでしょう。これは、葬儀の自由度が上がり、形式や儀式に囚われないでお別れをしたいという家族が増えているためなのではないでしょうか。昔ながらのしきたりというものを大切にするのも良いかもしれませんが、故人の希望や、家族間での相談の結果、家族ごとに選択する葬儀スタイルが違ってきている結果と言えるでしょう。中でも注目されてきているのが「お別れ会」ではないでしょうか。これは、告別式とは違い、お焼香も遺体もない状態で行われるものと言えるでしょう。告別式は、宗教的な儀式を含む葬儀と言えますが、お別れの会といった場合は、宗教的な儀式というのは密葬で行なっているため行なわないのが一般的でしょう。ちなみに「偲ぶ会」というのは、友人や知人を招いて、故人を偲ぶ集まりをすることを指しているようです。お別れの会や偲ぶ会には、いくつかのスタイルと演出があるようです。一般的なもので言えば「セレモニー型」と呼ばれるもので、告別式に近いスタイルで行なわれるようです。正面中央に生花を飾った祭壇が置かれ、献花をして退場していくといったスタイルを指すようです。「パーティ型」と呼ばれるものは、ホテルやセレモニーホールなどで行なわれるものとされ、故人を偲びながら立食パーティ等が開かれるというものです。ホテルと葬儀社が提携している場合も多くあるようですが、基本的にホテルでは、読経、焼香、遺骨の持ち込みというのはできないことがほとんどでしょう。さらには、セレモ二一型とパーティ型を混合させた形というのも注目されているようです。この場合、献花をした後、立食パーティなどが行なわれるというものです。どういった形式であれ、葬儀よりはくだけたものとされるため、演出としてメッセージボードやスライドショーなども用意されたりしている場合が多いでしょう。故人を偲ぶということが目的となるため、思い出の品を飾るという演出もおすすめでしょう。著名人の場合は、お墓の前でセレモニーを行うというのも珍しくないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です