香典返し

仏教式の葬儀を行った場合、香典返しは四十九日法要が終わった後、忌明けのあいさつ状と共に送るのが一般的と言われているようです。しかし、最近では、葬儀にいらしてくれた人に、その場でお返しする「即日返し」というものが増えていると言われています。この「即日返し」の場合、葬儀会社が品物を準備してくれることが多いため、発送手配などの作業をする必要がなくなるという利点が挙げられるでしょう。ただし、香典の金額に関係なく、同じ品物を渡すことになってしまうため、会社関係者などへの配慮は別に考えておかなければならないのではないでしょうか。会社関係以外でも、高額の香典をいただいたという場合には、四十九日が終わった後、改めてお返しをするとよいでしょう。葬儀会社では、よく「香典返しは必ず必要なのか」といった質問を耳にするようですが、故人が、一家の家計を支えていた人の場合や、香典を慈善団体に寄付するといった場合には香典返しをする必要はないと言われているようです。忌明けに、その旨と香典のお礼を含めたあいさつ状をお送りすれば良いでしょう。忌明けのあいさつ状に書くべき内容としては、会葬のお礼、忌明けの報告、香典返しについてというものでしょう。逆に、自身が弔問するといった場合、香典は弔事用のかけ紙で包み「志」と表書きをすると良いでしょう。「志」は宗教を問わず使用することができるため覚えておくと良いでしょう。仏教式の場合では、ほかに「粗供養」などと書くこともあり、地域によっても違いがあるとも言われているため、調べておくと良いでしょう。お墓選びについても、地域や宗教によって、墓地か霊園か、また納骨堂かといったようなこだわりがあったりするため、合わせて気をつけておくと良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です