お礼

神道とキリスト教での、香典返しはどのようなものか見ていきましょう。神道では、三十日祭、または五十日祭が終わった後に香典返しと忌明けのあいさつ状を贈るのが一般的と言われているようです。表書きは「偲草」や「偲び草」とし、水引は双銀か双白を使用すると良いでしょう。キリスト教では、そもそも香典返しという習慣がないと言われているようです。しかし、最近では死後1ヵ月の命日である召天記念日を終えた後にお礼返しとして品物を送るという人もいるようです。そういった場合の表書きとしては「召天記念」というようなもので、水引は双銀か黄白が良いでしょう。また、香典返しとは違いますが、あいさつ回りという事をする地域もあるようです。これは、昔はどの地域もやっていたとされますが、近年、都市部では簡略化され、あまり見掛けなくなったと言われています。行う場合は、初七日までというのが一般的とされており、喪主または遺族の代表が、葬儀でお世話になった人たちや、迷惑をかけてしまった人たちへお礼を述べるというのが基本でしょう。葬儀関係者は葬儀の翌日または翌々日までに、そのほかの人たちへは初七日までに行なうよう心がけておくと良いでしょう。その際、服装は準喪服または黒を基調とした地味なものにし、あいさつが終わった後は早めに切り上げることが原則でしょう。あいさつ先としては、僧侶や神父、牧師といった宗教者、葬儀の世話役、隣近の方々、故人の勤め先といった具合でしょう。ただし、世話役を葬儀社が行なった場合には不要でしょう。宗教者へのお礼は、できるだけ葬儀翌日に行ない、葬儀後に御布施などを渡していない場合には、ここで持参すると良いでしょう。また、事前に墓地や霊園、納骨堂などの相談をしている場合には、合わせてお礼をすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です