供養のバリエーション

散骨などの「自然葬」というものについては、基本的に自由であり、法的な制限がないため、どこに散骨をしたところで違法にはならないと考えられるでしょう。しかし、社会的マナーを考えておかなければ、いくら思い出が詰まっている場所とは言え、人が多い場所などに散骨をしてしまっては大迷惑と言えるでしょう。とくに、気をつけるべきは海でしょう。海への散骨というのは人気があり、一見気軽そうに思われますが、本来であれば、海岸から離れた場所で行なうことを基本としているようです。散骨は遺族が勝手に判断していいと思われがちですが、実情は、きちんと業者に相談してから散骨場所を選ぶことになるようです。また、遺骨のすべてを撒いてしまうのではなく、一部だけ散骨し、残りはお墓に納骨するといった場合もあるようです。また、お墓がないといった場合や、いつも身近に感じていたいといった場合などには、遺骨の一部をネックレスやストラップなどに入れて身につけておく「手元供養」というのも近年注目を集めているようです。持ち歩くのが怖い場合は、遺骨を入れて自宅に置く小型仏壇スタイルのものもあると言われているようです。公園墓地、霊園、納骨堂、自然葬など、様々な供養のスタイルを選べるようになった今、一番大切にしたいのは「故人のことを想う」気持ちではないでしょうか。故人の希望がある場合、出来るだけその希望に近い形での供養を行えるのが望ましいのではないでしょうか。ただし、お墓を買うにせよ、散骨などの自然葬を選ぶにせよ、後々のトラブルを防ぐためにも、家族間でよく相談し合って決めることができれば良いのではないでしょうか。故人も家族も納得の供養ができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です