ペットの埋葬

ペットブームが到来していると言われて久しいですが、その勢いは衰えを知りません。多くの人がペットを家族のように扱っているのが実情です。その必然的な帰結として、現代ではペットのお墓のあり方が問題となっています。つまりペットが死んだ時、単に庭に埋めるのではなく、人間のように埋葬し、弔ってあげようとする人が増えているのです。驚くべきことに、民間霊園の中にはペットの埋葬を請け負っているところがあります。彼らの話を聞くと、現代のペット事情がよく見えてきます。例えば、ペット専用の骨壺や位牌を作ってほしいとの依頼を受けることが少なくないのだそうです。極端な例としては、ペットと一緒に埋葬してほしいと願い出る人もいるそうです。それほどペットと飼い主との距離が縮まっているのです。ただ注意したいのは、ペットの埋葬に対応している墓地であっても、全ての要望に応えられるわけではありません。例えば人間と動物を一緒に埋葬している霊園は数える程しかありません。大半の「ペット可霊園」では、ペット専用墓地と人間の墓地とを併設するサービスを展開しています。ペットの埋葬に対応している霊園は一言で言えば規模が大きく、利用料もそれなりに高額であると考えた方が良いでしょう。墓地の広さに余裕が無ければ、そのようなサービスを提供することなどできないからです。因みに法的にはペットの埋葬はハードルが低いため、霊園の方針ですぐにサービスを提供し始めることは可能です。あくまでも廃棄物を土中に埋める行為の域を出ないからです。例えば動物であれば埋蔵許可証は必要ありません。では何故ペットの埋葬に積極的な民間霊園が少ないのかと言えば、それは動物が埋葬されることに嫌悪感を覚える客もいるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です