葬儀の費用は賢く節約しよう

葬儀代は故人に対する敬意、弔いをも表してしまいますが、だからといって無理に予算を組む必要はありません。故人も残された家族が自分のために無理をする姿を見たくはないはずです。身の丈に合った予算を組んでもらうように業者に依頼することが何よりも大切です。業者はプロですから、安く済ませる方法を何でも知っています。葬儀は基本的に単価に数量を掛けた費用で執り行われます。従って高級品を避けたり、数量を減らしたりすれば、費用は一気に下がります。また葬儀内容を簡略化するのも選択肢の一つです。経済的余裕のないお客様も珍しくありませんから、恥ずかしがる必要はありません。例えば「斎場を借りる」「お通夜」「お葬式」といった基本中の基本すら省略することが可能です。その場合、葬儀は直葬と呼ばれる方式で行われます。直送は身内だけが公営の火葬場に集まり、遺骨をそのまま自宅に持ち帰る方式です。味気ないやり方ではありますが、法律上の問題はありませんし、故人に対する敬意さえあれば葬儀業者も喜んで請け負います。直葬がどうしても受け付けない場合は、家族葬と呼ばれる方式をお薦めします。家族葬は自宅を斎場にした上で、親類のみで弔う方式です。友人、知人の飲食代や余計な接待費を節約できるため、一般的な葬儀に比べて大幅に予算を下げることが出来ます。但し注意したいのは、どのような方式であれ、メリットとデメリットがあるということです。確かに直葬や家族葬は費用が安くて済むのですが、故人を偲ぶ知人が大挙して自宅に押し寄せることもあります。そのような場合、却って負担が大きくなることも考えられます。負担とは、経済的負担だけでなく、精神的負担も含みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です