閉眼法要と開眼法要

お墓を途中で換える場合、様々な手続きに加え、閉眼法要と開眼法要を執り行う必要があります。ただ信仰心がそれほどない人は、法要を行わないこともあります。現在の墓を閉めて改装する場合、まずは関係者に相談することが大切です。この相談を軽んじてはいけません。新しい墓地を探すよりも早く話し合う必要があります。親族と相談しないまま勝手に事を進めてしまうと、思わぬトラブルが生じてしまうこともあるからです。相談内容はケースによって様々ですが、共通するのは新天地についてでしょう。例えば檀家であれば、寺院墓地からどのような場所に移すのかは大きなテーマとなり得ます。新天地が同じ宗派の墓地であれば比較的スムーズに進められるでしょうが、民間霊園や公営墓地への引っ越しとなると、関係者の了解を取り付けなければなりません。逆に民間霊園から寺院墓地に変更する時は、入信にともなう手続きが必要になります。改宗の条件を事前に勉強した上で、檀家となる覚悟を持つことが求められるのです。相談の具体的名手順をご説明しましょう。親族間で改葬理由が共有出来たら、継承者、管理者を決めます。継承者は議論をリードしながら改葬の仕方を提案します。最近はお墓を持たないケースも増えていることから、色々な選択肢の中から選択すると良いでしょう。次に改葬先の場所を話し合って決めます。住居地の近くを望む人もいる一方、縁の深い土地を好む方もいるでしょうから、最終的に円満に解決するように議論を進めます。最後に移動させる遺骨を決めます。一部の遺骨の引っ越しに留める場合、その選定は重要になります。遺骨の量で墓石の大きさや土地の広さも決まってしまうからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です