四十九日のお布施、お香典

法要は若い人には馴染みの無い慣習ですから、四十九日が近付いてもお布施の額やお香典の相場を知らない人も多いのではないでしょうか。知らないこと、分からないことを恥じても始まりません。正直になってお寺に尋ねればよいのです。大抵の住職は答えてくれるでしょうし、答えてくれなくても葬儀業者に相談すれば勉強することが出来ます。お布施は難しい慣習ではなく、お世話になるお寺への寄付だと考えて下さい。要は気持ちですから、あまり神経質になる必要はありません。表に「お布施」と記入して渡せば理解してもらえます。年輩の人はあれこれアドバイスしてきますが、それらの全てを鵜呑みにしなくても構いません。例えば「お布施を渡すタイミングは法事の前でなければならない」などと言われることがありますが、実際は後日支払うことも珍しくありません。お布施のタイミングや額よりも、法要を滞りなく済ませることの方が大切です。香典も基本的には決まりの無い慣習だと考えて下さい。相場は地域によって異なりますし、確たるデータが見当たりません。喪主や遺族に対して思いやる気持ちの強い人は、主催者の出費から逆算してお包みするのも賢い方法です。料理や返礼品の額は大体分かりますから、自分1人に対して払われた額を算出することが出来ます。筆者の計算によれば、香典が1人当たり1万円になると相殺されます。ですから1万円以上であれば相手の心象を悪くすることは無いでしょう。但しこの計算は納骨代、連絡代、お布施、交通費等を考慮していませんから、喪主の負担は小さいと思わないで下さい。さて、四十九日はお坊さんに読経してもらうだけでなく、納骨やお墓周りの整理が含まれることもあります。塔婆もその一つで、親類は数千円の商品を贈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です